SUPERIOR M1 Hook

小森嗣彦プロデュースフックENGINE SUPERIOR シリーズ、ファーストアイテムはスモールマウス専用マスバリM1フック。超ショートバイトに苦戦するスモールマウスバス攻略のカギはフックにある。軸径を可能な限りまで細くし、さらに表面のコートを加え貫通力を追求しショートバイトに対応した。そして、一度フックアップしたスモールマウスバスを、特有の強い引きや激しいジャンプで外れないように、アイの角度やフトコロの大きさなどホールドしやすい形状、適度な大きさのカエシの大きさ、それから細い軸径に最大限の強度を持たせるための設計など、いたるところに桧原湖に通い20年、スモールマウスと対峙した経験からくる理論が込められている。

スモールマウスバス専用フックはなぜ小さいか?
それはまず第一に針の存在を隠したいから。スローな釣りの展開では魚は必ずフックを見ている。特にスモールマウスバスがそうなのか、あるいはスモールマウスバスの生息している湖がクリアウオーターだからかわからないが、桧原湖、野尻湖では同じリグでフックサイズが違うと、小さいほうに必ず分がある。また、そういった湖でワーミングでバスを狙う場合、とても小さなワームを使うことが多く、そのワームサイズに合わせてフックも小さくしていくのがスマートだ。そしてフックが大きとフックの重みでワームが不自然なアクションをしてしまうこともあるため、小さいフックのほうが釣果に結びつけやすい。
M1フックはネコリグ、ダウンショット、ライトキャロなどのリグに適している。



ENGINE https://engine-fishing.jp/